看護師の状況

看護師というと、戦後の高度成長期までは「白衣の天使」などといって、結婚相手として、また女性の理想として偶像化されてきた部分がありました。そして、いまでもそうした看護師のイメージを踏襲している部分がある反面、男性の看護師もかなり増えてきました。

実際のところ、看護師というのは、かなり肉体労働で、体力がないと勤まりません。その上、入院施設のある病棟勤務では、患者さんのリハビリや床ずれ防止などで、なんども患者さんを持ち上げたり、手を貸したりすることが多くなります。これでは、小柄な女性ではとても体力が持ちません。

そんなこともあって、医療現場に男性が多くなるのは理にかなったことです。実際に力仕事や体力が非常に必要とされる現場では、男性看護師の存在がどれだけ助けになることでしょうか。

いまは性差関係なく、医療現場で活躍する看護師が増えています。その人の特徴や自分が理想とする働き方、そして将来ビジョンを考えつつ、医療現場のほうも、彼らが働きやすい環境に整え、そして看護師求人サイトなども陰ながら彼らをバックアップしていくことが理想的な関係性ともいえるでしょう。この3者がお互いの仕事をしっかりこなすことで、どんどん医療現場での問題も解決に向かうのではないでしょうか。

そのほかのメニュー

お役立ちリンク集

ページ上部に戻る